天皇賞(秋)前々日予想

好メンバーが揃った天皇賞(秋)。いわゆる三強の馬についての見解。

本命予定のエフフォーリア。グランアレグリアとコントレイルよりは不安要素が少ない。強いて不安要素ごあるならば、東京より中山向きなのか、今年の3歳のレベルが本当に高いのか?単純に現4歳世代が弱いだけなんじゃないか?というところ。

なので本命で行きます。

グランアレグリアの不安要素は、距離が本当に持つのか?喉の手術の影響はないのか?ってところ。

ルメールは良馬場なら距離は大丈夫とのことなので、そこは大丈夫と見る。喉の手術の影響はこれは走ってみないとわからないので怖い。なので評価は少し落とした。

コントレイルの不安要素は世代レベルが低い可能性は高い。あとはピークは過ぎている可能性もある。あと2戦での引退ってのも引っかかる。1枠も逆に嫌。よってこちらも評価は下げる。

カレンブーケドールこれは魅力がある。

2勝しかしてないが、今まで戦って来た相手が三強と比べると段違い。

なによりも戸崎への乗り替わりがなにより。今の時点では対抗評価です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました